2011年03月16日

東北関東大地震 メディアの正義感と傲岸不遜?




ここにきて、東電(東京電力)の対応や体質についての不信が高まっている。
小出しにする情報や隠蔽に対する批判は理解できるが、違った角度から発言したい。

3月14日深夜、東電の会見をライブで見ていると、メディアからの言葉が飛び込んでくる。
声が小さい!/資料がない!/言っている内容がよくわからない(という意味の言葉)
どれも必要なことだとは思うが、言葉を売りにしている職業人の言葉なのか?と耳を疑いたくなる。
1週間に1時間くらいしかテレビを見ない私も、今回の様な大事件、緊急を要する情報にはやはりテレビを頼りにする。

危険と知りつつ現場に飛び込む記者やカメラマンには頭が下がる。
私たちが知りたい情報を、それこそ命がけで手に入れ、教えてくれる。
記者会見の様子も、より正確に、よりわかりやすく情報を得るための、いわば使命感や正義感からくるものだとは理解できる。
それでも、である。
平身低頭に説明しようとしている人に対し、慢心はないか。
正義感が変質してはいないか。
テレビは本質をあぶり出すと云われる。本当か否かは知らないが、職員に罵声を浴びせる声からは違和感を感じせずにはいられない。

昨今、メディアを嫌い、インターネットで独自に発信する政治家が増えている。単なる流行ではないだろう。
心ない言葉を浴びせられ、自らの真意を歪められ、不信が募る人がいても不思議ではない。

専門家の難しい言葉のひとつにも「つっこみ」を入れられないキャスターにはいらいらする。もっと自らを落とし、庶民と同じ目線でわからない事象を説明していって欲しい。
燃料棒が露出したらどうなるのか?危険は?
どの番組でも問うている人はいなかった。
逆に専門家は、コトの重大さ故に、どうなるのか喋りたくない様子。
私たちが知りたいのは、水が無くなった正確な時間や数量ではなくて、それらによって今後どうなるのか?どんな危険が迫ってくるのか?といった素朴な疑問だ。
茨城県で基準値の50倍もの放射線が検出されても「すぐには人体に影響がない」と政府は云う。それなら初めに設定されている基準値とはどのように決められたのか?
避難範囲が10キロとか20キロと決めた根拠は?福島原発の製造メーカーは社員に対して100キロ圏内には絶対に立ち入らないようにと指示がでているらしい。その差はなぜ?
どうして政府や東電の発表だけを頼りにするのか?スタジオに専門家を呼んでいるのに独自の切り口が無いのは悲しい。海外、特に原発の割合が高いフランスや、メーカーへの取材などがあっても良さそうだと思うのだが。
ディテールにこだわるあまり全体像が見えないのは悲劇だ。

宮城県知事の「遺体を土葬も検討中」って、どーゆーこと?
火葬する場所も時間も現実的でないから土葬する って意味でいいですか?メディアさん。
言葉を伝えるだけでなく、説明を加えていただかないと『子どものおつかい』と大差ないではないか。
政府には「最悪の事態を想定し対策・対応を」と云うくせに、視聴者の不安を煽ることを懸念してか、現状の説明にとどまり、その先のシナリオを話そうとしない。

メディアには頑張って欲しい。
多くの場合、勇気づけられ、助けられ、救われることすらある。
奇跡の生還や家族との再会。救助隊の勇士、ボランティアの熱意。
それら心温まる情景を伝えてくれるのもまた、メディアであるのだから。

そして、被災された方々にこそ「がんばって」という言葉は向けられるべきであろう。
信じて、希望をつなぎ、諦めない でほしい。

大学時代の先輩が仙台市宮城野区にいるが消息はわからない。
友人の実家は両親の命こそ助かったが家は、というより、町が水没してしまった。

被災地の小学校のなかには卒業式を諦めたとこもある。
先生が児童に向けて「いまできることをしよう!」と云っていた。
それは被災していない私たちにも同じことだ。
お金持ちは多額の寄付をし、有名人は率先して義援金を呼びかける。
ボランティアに参加するのも(まだ行けないそうですが)物資を寄付するのも、節電だって「いまできること」だと思う。
「買いだめ」が「いまできること」ではない。
自分にできることを、いま一度、考えたい。


今回の大地震以降、テレビに釘付けになっていますが、もちろんすべての報道を見ているわけではありませんし、また、こんなに書いたのに被災者や被災地に対しての言及が少なく、不快に感じられた方もいらっしゃるかと思います。その場合には、率直にお詫びいたします。


追記(2011.03.23)
仙台市宮城野区に住む先輩から、昨夜、連絡が入りました。
家族全員無事で、自宅も住める状況だと。
別の先輩に電話を掛け、消息など尋ねていたのですが、まず、その先輩から無事との連絡が入り、ついで、仙台の先輩から私の携帯に連絡がきました。 
ほんとうに、よかったです。

posted by nakajima-kenn at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。