2011年04月28日

iPad2 発売






0182.jpg

東日本大震災のため延期されていたiPad2がようやく発売された。
新しいモノに飛びつく性格ではないが、こどもとの約束もあり、Apple Store 渋谷に自転車を走らせた。
到着は午前9時45分頃。すでに大行列が出来ており、一瞬悩んだが、人生初の大行列に並ぶことにした。
スタート地点は、たばこと塩の博物館。Apple Store 渋谷は見えない。

しかし予想よりも進みは早く、並んでから読み始めた、沢木耕太郎編の『右か、左か』は、『風薫るウィーンの旅六日間』(小川洋子)、『魔術』(芥川龍之介)、そして『黄金の腕』(阿佐田哲也)の途中までしか読むことができなかった。
路上に並んだ人々には、日傘やミネラルウォータのサービスがあり、何気ない気遣いが嬉しかった。


posted by nakajima-kenn at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

さて、この建物は?




0179.jpg

昨日、朝刊を読んでいて、昨年末、写真を撮っていたのを思い出しました。

2011年3月末日を以て営業を中止する、グランドプリンスホテル赤坂です。
バブル時代の象徴的な存在とも云われ「赤プリ」の方が馴染み深い人も多いのではないでしょうか。

あと数日で営業を終え解体を待つ身ですが、福島第1原発の事故で一時避難を余儀なくされた人を対象に、客室約700,1600人の受け入れを表明したとのことです。


posted by nakajima-kenn at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

Android au IS03






0164.jpg

KDDI DESIGNING STUDIO が、にぎやかだ。
10月4日に発表があった、Googleのアンドロイドを搭載した新型ケータイIS03の実機が展示中で、10台以上もあるが、整理券を配っている状態。

スマートフォンでは初となるおサイフケータイらしいが私には関係ない。
それよりもauからiPhoneみたいなのが出た!ということの方がずっと悩ましい。
Mac派としては当然、iPhoneにはずっと興味があった。
が、KDDI DESIGNING STUDIO にはお世話になりっぱなしなので、とてもauから乗り換える勇気はなかった・・。
しかし、ここにきて、である。


ところで、4階のリスモ・フォレストに置いてあるarinco(アリンコ=最新型のプリクラ/撮った画像に書込みやデコレーションができ、それを携帯に送ることも。1回/100円)の機能が進化していた。

いままでは一度描いてしまったら消しゴムでこするしかなかったのだが、「前に戻す」機能が加わった。デコレーションの種類もさらに充実し、しかも描ける時間も長くなり、こどもたちにとっては嬉しい限りだ。
おすすめです。


posted by nakajima-kenn at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

西荻 銀座通り えびすや






0142++.jpg

先週末、西荻の現場の帰り、駅に向かって商店街を歩いていると、おもちゃ屋横の路地に坐りこむ少年たちに出くわした。見ると、カードゲームに興じている。
西荻は以前6年間住んだ街。しかしこんな光景は見た記憶がない。
私が小学生だった頃でさえ、こんなことはしなかったように思う。
ただ、おもちゃ屋さんの店先でプラモデルを作ったことはありますけど(^_^;)ね

posted by nakajima-kenn at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

2010年06月10日

Candle Night 2010






0131.jpg

きのう学校で、Candle Night(キャンドルナイト)の行燈を作ったと、娘が教えてくれた。

毎年、夏至の日を含む週末に行われてきたCandle Night@表参道。しかし去年からは夏至を無視し、夏至に近い週末一日のみに。なぜか2009年は金曜日で、今年2010年は6月19日土曜日の開催。
より効率良くというか、イベント性を高めるためか・・。
学生の参加も2008年には200名だったものが、2010年は500名になるらしい・・。

さて、今年はどんな作品に出会えるか。
写真はすべてCandle Night@表参道2008 のものです。

posted by nakajima-kenn at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

こけ






0130.jpg

表参道のけやき並木は、よく見ると幹にコケが生えているものが少なくありません。
雨上がり、陽に照らされている時など、眼を奪われるほどひかり輝いていることがあります。
その感動を写真に再現すのは難しいですけど(^_^;)

posted by nakajima-kenn at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

表参道とことん青森2010






0104.jpg

表参道で『とことん青森2010』が開催中だ。
年明けより街路にペナントが飾られていたが、目立った催し物はなかったように思う。
しかし、きょう23日とあすの24日は露店などが出て、お祭り雰囲気になるらしい。
きょうの夕方には「ねぶた」も登場するというので是非見たいのだが、残念ながら新年会が入っており見ることができない。
そこで昨夜、明治神宮前にセットされている「ねぶた」を見てきた。

いやぁ、感激しました。
ねぶたを見るのは初めてですが、これほど美しいとは・・。

鎧甲の精巧さ/人物の表情/構図と立体感のすばらしさ

大きいのでもちろん迫力はありますが、それよりも、リアルなつくりとあざやかな色使いに圧倒されます。
中央の纏(まとい)など、今にもくるくると回りだしそうでした。

一見の価値あり!です。
金魚の提灯(ちょうちん)も面白いけど、なぜ金魚?

posted by nakajima-kenn at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

夜のドライブで出会うモノ

プールの帰りに「ドライブ」と称して夜の街に繰り出すことがある。
ちょっと遠回りして帰るだけだから、青山や西麻布、あるいは広尾あたりの道をあてもなく走ってくるだけの話しである。
なぜか娘の要求は一貫して「暗くて細い道」
お気に入りは根津美術館から西麻布の交差点に抜ける道で、そのあとは適当に彷徨いながら帰ってくることになる。

昨夜は珍しく目的地があった。桜丘。
以前通っていた保育園を目指し車を走らせた。
渋谷駅を通過し、桜丘町へ入ると、様々な記憶が蘇ってくる。

毎日抱っこしながら上がった急な坂。その坂の下にある薬局のカエル。はじめて入った鮨屋。テニスショップの脇道。そしてパリジャン。

パリジャンは保育園のすぐそばにあるパン屋だ。行列ができたり、マニアが遠くから買いにきたりするような店ではないかもしれないが、こぢんまりとした店構えとあったかい雰囲気が相まって、私は好きだった。いや、実際、パンの味もサンジェルマンよりおいしいと思うのだが、味よりも店の人たちに惹かれて通っていた気がする。

夜8時を過ぎていたので、当然閉店しているだろうと思いながら店の前までくると、意外にも店内のあかりが路上にもれていた。
懐かしい再会。
娘もおばさんも喜んでいた。
クリスマス用の注文が殺到しているので、夜遅くまでやっているのだという。

朝食用のパンとレーズンウィッチを買い、さて、右?左?
「みぎはなに?ひだりはなに?」
「右は渋谷駅方面。左は代官山」
「だいかんやま!」
代官山方面は保育園のお散歩コース。きっと耳に残っていたのだろう・・。

ヒルサイドテラス前の信号待ちをしていると前方のあかりの中に、ニヤついた顔が並んでいた。
いや「ニヤついた」とは失礼か・・。人も猫もにんまりとほほえんでいる。

こどもが描いたような単純な線だが、違うのはひと目でわかる。
ギャラリーのスタッフらしき人が展示位置を確認しあっているところから察し、オープン前ではないかと思った。どんな人の作品なのか、いつからなのかが知りたくて、相棒に聞きにいってもらったところ予想もしなかった著名人の名まえがかえってきた。

葉加瀬太郎

絵を描くとはしらなかったが、夜のドライブはいろいろ出会えるモノである。


0096.jpg



posted by nakajima-kenn at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

ワニのリース




0095.jpg
表参道はクリスマス真っ盛り。
そんな中、神宮前交差点にあるLACOSTE(ラコステ)のリースに眼を奪われた。
リース全体が無数のワニで構成されている・・。
遠目で見ている分には普通のリース。近くで見ると、ちょっとグロ。
posted by nakajima-kenn at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

表参道イルミネーションとNHK『ニュースウオッチ9』






0092.jpg

表参道のイルミネーションが11年ぶりに復活した。
8月の終わり頃からケヤキに試作が設置され、LEDのあかりを暖色系/寒色系/中間色のどれにするかなどの検討が行われていた。

きのう11/30はプレオープンだったため 8時頃にはほとんどの電源が落とされていたが、きょうからは本格始動。保育園の帰りに立ち寄ってみた。

歩道橋を渡り上から眺めたあと、せっかくだからと、ベンチを兼ねた柵に坐らせ、パチリ。
ふと気がつくと私のうしろにカメラマンが・・

はじめ2人を撮っていたものの、長男は勝手に動き回るので、いつの間にか娘だけが被写体に。
飾り付けの鈴を手でもてあそんでいたのが気にいったらしく、最後には目線の指示までありました。

別れ際、NHK『ニュースウオッチ9』の者で、今夜の番組に使うかもしれないと教えられました。
いつもはテレビ自体をほとんどみない我が家ですが今夜だけは絶対見ます!『ニュースウオッチ9』(^_^;)

posted by nakajima-kenn at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

NIKE HARAJUKU 5






0091.jpg

NIKE 原宿店のオープン初日。オープン前の行列やメディアはいるものの、iPhoneの時の様な熱気は感じられない。
開店10分前、スタッフがメインフロアに集まり記念撮影に応じていた。

きのうは新聞の号外のような冊子を街頭で配っていたが、モノ自体が地味な上、配るスタッフの声も控えめで、反応はすこぶる悪い様子だった。
内容は例の横山裕一氏のマンガ。左面にマンガ。右面に題材にした人物の紹介が書かれている。全部で11名。

ダルビッシュ ユウ(ダルビッシュ 有)
タナカ マルクス トゥーリオ(田中 マルクス 闘莉王)
カネダ クミコ(金田 久美子)
タメスエ ダイ(為末 大)
ハセガワ リエ(長谷川 理恵)
タブセ ユウタ(田臥 勇太)
ヤスダ ミサコ(安田 美沙子)
ミホ ブラウン
アサハラ ノブハル(朝原 宣治)
イノウエ タケヒコ(井上 雄彦)
ジョウ ショウジ(城 彰二)

そして、彼らがデザインしたシューズのイラストもあり、原宿店のみで限定販売されるとも。


前回、天井から吊り下げられたオブジェを交換していた、という記事を書きましたが、どうも違っていたようです。素っ気ないデザインとマンガは表裏一体で、マンガのラッピングが無くなったわけではありませんでした。すみません_| ̄|○

posted by nakajima-kenn at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

NIKE HARAJUKU 4






0090.jpg

2009年11月12日 27時。
オープニングパーティも終わり、ディスプレイも最終段階の模様。
天井から吊り下げられたオブジェに横山裕一氏の作品がラッピングされていましたが、新しいモノに交換していました。
そのエネルギーには敬服しますが、しばらくはそのままでもよかったのでは、という気も。今回のは素っ気ないデザインなので・・。
11月14日のオープン時に配る、手提げ袋をイメージしているのかな?

ところで、「ここから変わる」の「ここ」は時間ではなくて、場所、つまり、NIKE原宿店を指していたんですね、きっと。
店内に吊り下げられたマンガにも「ここから変わる」と描かれていて気がつきました。

posted by nakajima-kenn at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

NIKE HANAJUKU 3






0089.jpg

11/5〜7は漫画家 横山裕一氏の作品。しかしなぜか、きのうはヘンな文字が・・。

そして、確かに今朝から変わりました。

posted by nakajima-kenn at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

NIKE HARAJUKU 2

0087.jpg

posted by nakajima-kenn at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

NIKE HARAJUKU






0086.jpg

表参道に工事中の店舗が姿を現した。
てっきりヨックモックが出来るものだと思っていたらNIKEの旗艦店だった。
工事現場のディスプレイが毎日かわるというので、撮ってみることに。
きょうは北海道日本ハムファイターズのダルビッシュ有 投手。

posted by nakajima-kenn at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

原宿駅前の歩道が広くなる






0084.jpg

『月刊原宿新聞』というものがある。
ある日、新聞広告と一緒に織り込まれているのを発見し、その存在を知った。
その2008年6月15日号に地下鉄副都心線の開通記事とともに原宿駅前の歩道拡張工事の記事が載っていた。
慢性的な歩道混雑を解消するために、4車線ある車道を2車線に減らし、歩道を広くしようという計画だ。

歩行者にとってはありがたい。なにしろこの混雑、ピークにあたると絶望的な気分になる。原宿駅のプラットホームから改札を抜けるまでに35分以上掛かったことがあるくらいだ。
以前から原宿駅前は混雑していたが、表参道ヒルズができた時に人がどっと増え、H&M、FOREVER21と話題のショップがオープンする度に拍車が掛かってきた。
そこに代々木体育館での土日コンサートやイベントなどが重なると前述のような状態になってしまう。

一方、車線を減らされたドライバー側から見ると、もちろん手放しでは喜べない。
現状でも、違法駐車とタクシーの客待ちで、ほとんど片側1車線状態なので2車線になること自体はさして問題ないと思える。しかし、観光客やタクシードライバーの良識に期待することには疑問が残る。

工事後のパーキングスペースは、線路側には現状に近い台数があるものの、反対車線側には荷さばき用に4台分とタクシー用が4台分があるのみだ。そして、交通量、駐車率ともに高いのは線路と反対側の車線なのである。
すでにいくつかは利用可能な状態であるが、停まっている車は一様に乗用車やワンボックスカーである。荷さばき用スペースに駐車できなかった商用車がその前後に駐車し、タクシーの不作法は相変わらずである。

それらの車からは「ショウガナイジャン」というつぶやきが聞こえてきそうである。

「パーキングが少ないんだからショウガナイジャン」
「観光客が停めてんだからショウガナイジャン」
「客のせてなんぼなんだからショウガナイジャン」

原宿駅前はかなり特殊な例で対処が難しいのもわかるが、せめて、タクシーの降車場と一般車の乗降スペースぐらいは、どこの駅前にも確保して欲しいと、都市計画の観点から切に願うが、取り仕切っている側がショウガナイジャンの集合体のようなものだから、ついつい私まで諦めモードになってしまう・・。


posted by nakajima-kenn at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

二重の虹と夕焼け雲






0081.jpg

7月19日、日曜。仕事帰り。
津久井道(世田谷通り)を渋谷へ向けて走っていると、夕立のなか、正面に虹。
小雨がやむ頃には二重に。

成城のあたりでドアミラーに映る夕焼けに眼を奪われる。
信号待ち。カメラだけ外に出し液晶も覗かずにシャッターを切る。

posted by nakajima-kenn at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

iPhone 3G-S 発売直前






0077.jpg

6月26日、午前4時半。ブログを再開するには丁度良い機会かと思い、散歩に出かけた。

きのうの夕方に整理券を配ったせいもあり、11ヶ月前の騒然とした雰囲気はなかった。揃いの黒いシャツを着たスタッフだけが、それぞれ与えられた仕事をこなしている。その数、ざっと50人。マイクのテスト音/受付ブースの設置/報道機関への対応/そして誘導の仕方を繰り返しリハーサルしているのが印象的だった。

時間とともに続々とスタッフは集まってくる。
iPhone 3G-Sを求める客はまだひとりも並んでいない。
プレス関係もほんの数人のみ。

それでもあと1時間半後には、再び、歓喜の渦が表参道に巻き起こるのだろう。

posted by nakajima-kenn at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

iPhone 発売直前






0077.jpg

7月11日 午前4時。遅々として仕事は進まない。書いては悩み、部分を考えてたかと思うと、思考は急に全体像へ飛び、いつの間にか材料のことを考えていたりする。
眠い。 眠いので散歩に出かけた。

普段であれば人も疎らな時間帯だが、きょうの表参道は賑やかだ。
日本でのiPhone発売を心待ちにしている人々がSoft-Bank表参道店に集まってきているからだ。
Soft-Bankのスタッフ、ファン、メディア、それに発売に合わせて新しいディスプレイを制作する内装業者などが入り乱れ、工事音とともに混然としていた。
もっともファンの方はかなり疲れている様子ではあったが。

先頭に並んでいる青年は数日前から見かけているが、その後ろに延々列が並び、警備員の持ったプラカードには「本日完売」の文字。
それでもスタッフの女性は「始発まであと15分です」などと胸元のマイクで誰かと交信している。
Soft-Bankと我がアトリエを結ぶ線状にある駐車場には、iPhoneを積んでいると見られるトラックが数台並び、テレビ局の大型車も同じ駐車場に待機している。

帰り道、駐車場で屯していたスタッフのひとりが通りに出てきた。ビールやらジュースらで一杯になったポリ袋を3つも抱えて。かなり多くの人と長い時間を費やしているのだろう。

ゲートに新設された電工掲示板にはカウントダウンの時間が時折現れていた。その時間が正しいなら、あと1時間半ほどで、歓喜の渦が巻き起こるはずだ。

posted by nakajima-kenn at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。