2011年04月20日

蛇口のストレーナーをチェック!






0180.jpg

「水の出がまた悪くなったので見にきて欲しい」
実家の母から電話がきたのは、丁度、金持浄水場の放射線が基準値を超えた日の翌日だった。

以前から時々キッチンの水の出が悪くなり、その度、ストレーナーの掃除をしに行っていた。
ストレーナーには砂利や小さな物質が溜まっており、それを除去すればもちろん普段通りに水が出るようになる。
お互い都内だし、子どもたちはおばあちゃん家に行くのは好きだから、なにかの用事や遊びにあわせて行くのは問題ないのだが、さすがに一度、水道局に見てもらった方が良いだろうという話しになっていた。

半年ほど前だったか、ストレーナーの掃除を終えた後に水道局に連絡し、後日、実際に見てもらった。が、特に問題は見当たらない。次回詰まるようなことがあれば、その時に連絡して欲しいと云い残し、局員の方は帰られたそうである。
確かに、掃除してから見てもらったのはまぬけな話しである。

そして今回。
水道局が指定してきたのは月曜日で、私は外せない仕事があり立ち会うことはできなかったが、後日、担当者に連絡し、見解を聞いた。
そして愕然とした。

ストレーナーの状況は予想通り、小石というか砂利のようなモノが溜まっていて、水の出が悪くなっていた。
しかし何ら問題ないと云う。
蛇口から出てくる水は透明であり、色が付いたり濁ったりしていないので、異常な状態ではないというのが水道局の見解だった。
「水道水に砂利が含まれていること自体は問題ないのか?」
「申し訳ないが定期的に掃除してください」
「では、砂利が含まれている原因は?」
「古い水道管の劣化や、配管の工事中に混入したものと思われます」
「つまり浄水場を通過した水は基準値以下の正常な状態で、途中の水道管が古くて、また工事の際に砂利などが水に含まれてしまうが水質的には問題ないということですか?」
「その通りです」
「半年ごとに使用に問題が出ていることについてはどうですか?」
「申し訳ないが定期的に掃除してください」

ところ変わって、先週末の我が家。
水の出はいつも通りだったが、鍋に溜めた水に白いモノが混ざっていた。
すぐに蛇口の先端(吐水口といいます)を外し、ストレーナーをチェック。ついでに洗面所の吐水口も。それが今回の写真です。
左下がキッチン。上2つが洗面所。
キッチンの方は高架水槽の内部に塗られた塗料。洗面所の方は水栓を新しくした際に配管のジョイント部に止水のため施されるヘルメと呼ばれるシール材と思われます。

塗料は今回の大地震で剥落したのかもしれません。
ヘルメは、新築や改築などで水栓を交換した際には出る可能性があるので、一度チェックされることをお勧めします。
蛇口の先端が外れないタイプの水栓の場合には、シンク下の止水栓近くに掃除口が設けてある場合もありますので、そちらをチェックしてください。実家はこのパターンでした。

posted by nakajima-kenn at 11:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

東北関東大地震 メディアの正義感と傲岸不遜?




ここにきて、東電(東京電力)の対応や体質についての不信が高まっている。
小出しにする情報や隠蔽に対する批判は理解できるが、違った角度から発言したい。

3月14日深夜、東電の会見をライブで見ていると、メディアからの言葉が飛び込んでくる。
声が小さい!/資料がない!/言っている内容がよくわからない(という意味の言葉)
どれも必要なことだとは思うが、言葉を売りにしている職業人の言葉なのか?と耳を疑いたくなる。
1週間に1時間くらいしかテレビを見ない私も、今回の様な大事件、緊急を要する情報にはやはりテレビを頼りにする。

危険と知りつつ現場に飛び込む記者やカメラマンには頭が下がる。
私たちが知りたい情報を、それこそ命がけで手に入れ、教えてくれる。
記者会見の様子も、より正確に、よりわかりやすく情報を得るための、いわば使命感や正義感からくるものだとは理解できる。
それでも、である。
平身低頭に説明しようとしている人に対し、慢心はないか。
正義感が変質してはいないか。
テレビは本質をあぶり出すと云われる。本当か否かは知らないが、職員に罵声を浴びせる声からは違和感を感じせずにはいられない。

昨今、メディアを嫌い、インターネットで独自に発信する政治家が増えている。単なる流行ではないだろう。
心ない言葉を浴びせられ、自らの真意を歪められ、不信が募る人がいても不思議ではない。

専門家の難しい言葉のひとつにも「つっこみ」を入れられないキャスターにはいらいらする。もっと自らを落とし、庶民と同じ目線でわからない事象を説明していって欲しい。
燃料棒が露出したらどうなるのか?危険は?
どの番組でも問うている人はいなかった。
逆に専門家は、コトの重大さ故に、どうなるのか喋りたくない様子。
私たちが知りたいのは、水が無くなった正確な時間や数量ではなくて、それらによって今後どうなるのか?どんな危険が迫ってくるのか?といった素朴な疑問だ。
茨城県で基準値の50倍もの放射線が検出されても「すぐには人体に影響がない」と政府は云う。それなら初めに設定されている基準値とはどのように決められたのか?
避難範囲が10キロとか20キロと決めた根拠は?福島原発の製造メーカーは社員に対して100キロ圏内には絶対に立ち入らないようにと指示がでているらしい。その差はなぜ?
どうして政府や東電の発表だけを頼りにするのか?スタジオに専門家を呼んでいるのに独自の切り口が無いのは悲しい。海外、特に原発の割合が高いフランスや、メーカーへの取材などがあっても良さそうだと思うのだが。
ディテールにこだわるあまり全体像が見えないのは悲劇だ。

宮城県知事の「遺体を土葬も検討中」って、どーゆーこと?
火葬する場所も時間も現実的でないから土葬する って意味でいいですか?メディアさん。
言葉を伝えるだけでなく、説明を加えていただかないと『子どものおつかい』と大差ないではないか。
政府には「最悪の事態を想定し対策・対応を」と云うくせに、視聴者の不安を煽ることを懸念してか、現状の説明にとどまり、その先のシナリオを話そうとしない。

メディアには頑張って欲しい。
多くの場合、勇気づけられ、助けられ、救われることすらある。
奇跡の生還や家族との再会。救助隊の勇士、ボランティアの熱意。
それら心温まる情景を伝えてくれるのもまた、メディアであるのだから。

そして、被災された方々にこそ「がんばって」という言葉は向けられるべきであろう。
信じて、希望をつなぎ、諦めない でほしい。

大学時代の先輩が仙台市宮城野区にいるが消息はわからない。
友人の実家は両親の命こそ助かったが家は、というより、町が水没してしまった。

被災地の小学校のなかには卒業式を諦めたとこもある。
先生が児童に向けて「いまできることをしよう!」と云っていた。
それは被災していない私たちにも同じことだ。
お金持ちは多額の寄付をし、有名人は率先して義援金を呼びかける。
ボランティアに参加するのも(まだ行けないそうですが)物資を寄付するのも、節電だって「いまできること」だと思う。
「買いだめ」が「いまできること」ではない。
自分にできることを、いま一度、考えたい。


今回の大地震以降、テレビに釘付けになっていますが、もちろんすべての報道を見ているわけではありませんし、また、こんなに書いたのに被災者や被災地に対しての言及が少なく、不快に感じられた方もいらっしゃるかと思います。その場合には、率直にお詫びいたします。


追記(2011.03.23)
仙台市宮城野区に住む先輩から、昨夜、連絡が入りました。
家族全員無事で、自宅も住める状況だと。
別の先輩に電話を掛け、消息など尋ねていたのですが、まず、その先輩から無事との連絡が入り、ついで、仙台の先輩から私の携帯に連絡がきました。 
ほんとうに、よかったです。

posted by nakajima-kenn at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

謹賀新年






0175.jpg

新年あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

昨年、映画『サマーウォーズ』のBlu-ray Discを購入してから、我が家では「花札」が大はやり。
正月なので、映画と同じように将棋盤を出してきて、やってみました(^_^)
(映画では囲碁盤です)
将棋盤を使うのは、おそらく30年ぶりぐらいかと。。
クラフト紙を紐解くと、実は、東武デパートのむかしの包装紙でした。
TO-Bのロゴもピンク色もすべてが古めかしく、懐かしかったです。

おせちも餅もまだまだ残っていますが、そろそろ正月気分もお終い。
本日より始動開始です。


posted by nakajima-kenn at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

Macと白菜




11月の下旬から12月にかけての2週間で2台のMacが逝きました。
2台目が壊れた時は、さすがに まったなし状態で、すぐさま買いに。
調整などに時間が取られると思い、夕食は鍋。
東急フードショーで鍋の材料と鰺のお造りを買い、その足でApple Store 渋谷へ。

これまで使っていたMacが古かったせいで、ほとんどのソフトが動作しません。。
ATOKやPhotoshop、それに図面を描くのに絶対必要なVectorWorksなどを急遽取りそろえました。

仕事関係の書類や図面は外付けHDDに保存してあったのですが、メールやネットは対象外。

0172.jpg



しかし、新しいMacを触り出して思うのは、いかにネット環境に依存していたか!でした。

メールアドレスやネットの「お気に入り」(ブックマーク)をゼロから構築することの絶望感を味わっています。。。。。

posted by nakajima-kenn at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

副都心線 時刻表の不思議





0168.jpg

金曜日、新宿三丁目から副都心線で帰ってきたときの話しです。

ホームに着くと、次の電車の案内表示は「急行」
明治神宮前駅には土曜休日以外、急行は停まらないので、一本やり過ごすことになります。
副都心線の利用はさほど多くないのですが、なぜかいつも最初にくるのは急行のイメージがあり、どれくらいの頻度で急行は走っているのか?と時刻表を見ると、それほどでもない。
たまたまなのね、と納得したのですが、別のモノに気をとられました。

時刻の横に「渋」の文字が。

もちろん「渋谷行き」を現しているのですが、すべての時刻に「渋」がついている。へ?
それなら「渋」は不要なんじゃないか、と。。

だいたい、池袋から渋谷方面で、渋谷行き以外の電車ってありえるんですかね?
東横線と繋がるのは2012年ですし、、

posted by nakajima-kenn at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

金魚






0161.jpg

地元の秋祭りで金魚をいただいてきた。文字通りいただいたのであって、釣ったのでも、すくったのでもない。いや、2匹ぐらいは掬えたのかな。長男が裏ワザを使って・・。

小ぢんまりとした祭りは和やかである。

神輿(みこし)の担ぎ手が足りないのはどこも同じと見え、地元民ではない担ぎ屋さんやその筋らしき人もいないわけではないが、夜はこどものためのじゃんけんゲームがあり、紙ひこうき飛ばしがあり、ビンゴもある。それらは境内に設けられた特設ステージの上で行われ、当然のように賞品が用意されている。こどもたちはDSを狙い、おかあさん方は我が子にメロンを取らせようと応援に熱がこもる。
一方、お囃子(おはやし)やカラオケ大会まであり、浴衣を着た82歳の歌声には、どきりとさせられた。

以前住んでいたアパートの住人が長を勤め、見知った人が露店を切り盛りしている。金魚すくいはとんかつ屋のおじさんだった。
店仕舞いの頃、おじさんは長男に金魚を託した。持ち帰っても店で出すわけにもいかない。生きものだから簡単に処分もできない。このような時、長男の単純さは非常に喜ばれる。

しかし、我が家とて、こんなに多くの金魚には対応できない。
実はここ数年、秋祭りの度に金魚は我が家にきた。
デパートの屋上にあるペットショップやネットで情報を得、少しは飼い方も勉強した。陸地にダイブすることやカラスの胃袋に納まることも知った。そして屋外では越冬できないことも・・。

フツーの家で飼うには5匹が限界とペットショップのおじさんは云った。つまりかなりの数を手放さなければならない。
保育園が心良く引き取ってくれた。同じアパートに住む人がもらい受けてくれた。それでもまだ11匹いる。

おそらく生まれつきだろう、片目の無い金魚がいて、娘がことのほか大事にしている。そのカタメちゃんとデメクロを手放すことはできないが、その他は望まれる場所にいった方が彼らのためにもよいと思う。もちろん、望む人がいればという話しだが。

posted by nakajima-kenn at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

緑のカーテン






0159.jpg

きょうは8月31日。夏休みも終わり。と云いたいところだが、娘の通う公立小学校はきのうから通常授業。
この夏、はじめて緑のカーテンをしてみたので、その効果のほどを書いてみようと思う。

育てたのはゴーヤと風船かずら。
植えた時期を正確には記憶してないが、紐を張ったのは7月14日。
写真は7月21日のもの。
1週間でベランダの天井にまで達したことになる。
その後も順調に延びてゆき、8月に入る頃には、それらしくなった。

しかし、いかんせん絶対量が足りない。
長辺が30センチほどの横長の鉢3体では「緑のレース」がやっと。と云った感じ。
とても室温を下げるのにひと役買っているとは云い難い。
たぶん鉢の深さも影響しているのだろう。貧弱な鉢からは、それに見合った量しか育たない。

ゴーヤは風船かずらより成長が早く、葉も大きいので、カーテン向きだなと感じたが、眼に涼しいのは風船かずらかな。
小さな白い花の先に、飴の大玉ほどの実をつけ、風にゆれるさまは風鈴を思わせる。
丁度、食卓前の窓に位置し、始終見ていたからよけいに愛着が湧いたのかもしれない。

ともかく、どんな緑を植えるにせよ、かなり徹底的にやらないとカーテンの効果はないと知った夏でした。

posted by nakajima-kenn at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

枝豆とあおむしくん




娘が育てていた枝豆にあおむし発見。
すでにほとんどの葉を喰い荒されてる。
きょうあたり収穫しようと思っていたところなので、ま、いっか、という気分なのだが、一応相棒に連絡すると「えだまめも食べられちゃうかもよ」
ほんとですか?


0156.jpg
posted by nakajima-kenn at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

セミの羽化




0153.jpg
相棒が近くの公園からセミの幼虫を拾ってきた。

夕方7時頃、公園の前を通ると土から出たばかりの幼虫が地面を這っていたらしい。
一度は通り過ぎたが、こども達に羽化を見させてあげようと持ち帰ってきた。

娘が数日前に参加した「華道教室」で使ったユリの茎に幼虫を移す。
しばらく居場所を探し上へ下へと彷徨っていたが、2往復もした頃、一番下の葉に決めた。

私は先入観から、夜中に羽化し、早朝飛び立ってゆくものだと思い込んでいた。
そんなわけで、まだしばらくは始まらないだろうと高をくくっていたが、はたと気づくと、殻をやぶり、なかから成虫が出ていてびっくりした。
相棒とこども達はスイミングに行っていて、やはり決定的瞬間を見ていない。

それでも帰ってきたこども達は大興奮。
娘はスケッチを何枚も重ねたが、長男はちょっかいを出そうとしたり、テーブルを揺らし(その気はないのだが)その度、親にどやしつけられる。

圧巻はやはり、畳まれていた羽根がほどけるようにひろがってゆく様か。
そしてある時、頭を下にぶら下がっていた状態から腹筋を使い、前足で抜け殻にしがみつく。
あとはその状態のまま、羽根が堅くなり飛び立てるその瞬間を待つのみ。

羽根の色が茶色になったところで、ベランダに出してやった。
午前2時頃覗いてみると、身体の向きを180度かえ、抜け殻の真反対側に移動していた。

翌朝見ると、もちろんいなかった。

posted by nakajima-kenn at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

つけ






0126.jpg

保育園の帰りに八百屋へ。
いんげん、にんにく、ねぎを選び、レジへ。

野菜をカウンターに置いた瞬間に思い出した。
「あっ!」と小さく叫んだ私の声に、レジにいたおじさんではなく、隣にいたおばさんが反応する。
「お金わすれた?」
「はい」_| ̄|○

あすは遠足なので、いんげんだけは買って帰りたい。
家に戻ってお金をとってくる頃には店は閉店。

「あしたでいいわよ」と云うおばさんの言葉に甘えモノだけ持って帰ってきた。
玄関を開けると妻の声。
「あした遠足中止だって・・」

ノロウィルスのような症状の子が複数いるので、急遽中止にする旨の電話がたったいま園長先生から掛かってきたらしい。
きっと私の顔はチカラなく笑っていたに違いない・・。

posted by nakajima-kenn at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

ケータイゴリラの回収機『ジャングル・ボックス』




0113.jpg

私の幼なじみに羽仁カンタという人物がいる。
吉村順三の名作『シュレム・羽仁邸』の羽仁家の末裔である。

彼は A SEED JAPAN という環境NPOを立ち上げ、FUJI ROCK FESTIVAL や SUMMER SONIC などの野外コンサートで「ごみゼロナビゲーション」なる活動を行うなど、さまざまな環境問題に取り組んでいる。

その彼が新たな団体 FLAT SPACE を立ち上げ、きのうお披露目があったので顔を出してきた。場所は原宿コーポ別館308号室。
そう、つい2ヶ月前まで私が借りていた部屋です。
予備知識も無いまま、懐かしいというには早すぎる扉を開けると、正面奥にヘンなモノが・・。

ケータイを回収することでゴリラを救える!というプロジェクト「ケータイゴリラ」。



ケータイに使われているレアメタルのタンタル鉱石を採掘する際、ゴリラが殺されているという事実はかなり衝撃的だが、使用済みケータイの売却収益を生き残っているゴリラのために使おうというのがケータイゴリラの主旨。

いままではイベントや企業に協力してもらい回収してきたが、もっとみんながフツーに参加できるようにと、考えられたのが写真の回収機である。
まだ試作段階で、置かせてもらえる場所を探している段階だが、一応、ジャングル・ボックスという名まえはついている。
今後、実際に置いてみて、色々な意見を採り入れつつ改良してゆくとのこと。

詳しくは 「ごみゼロナビゲーション ケータイゴリラ」まで。

posted by nakajima-kenn at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

ただいまPasco中






0112.jpg

懸賞品めあてに応募することはまずない。
しかし、抽選ではなく、応募者全員にあたる!となれば、つられることもある・・。

ミッフィーのランチボックス欲しさにフジパンを食べつづけたのは2008年の秋頃だったか。
今はPasco中です。

フジパンは普段食べることもなく、結構、苦痛でしたが、Pascoにはマフィンがあるので順調にたまってます。
でも、ガスパールとリサ(Gaspard et Lisa)のトートバッグを貰っても使い道は?

トートバッグはすでに10個近くあり、そのうちのいくつかは未使用品。
個人的にはオープンなバッグって好きではなく、街行く人のバッグが閉まってないだけで、つい、チャックを閉めたくなってしまうんですよね(^_^;)

posted by nakajima-kenn at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

いつのまにか春




ブログの更新をさぼっている間に、いつのまにか春です。
東郷神社の桜の中には気の早い1本が、もう満開。
代々木公園の桜もつぼみが開きだしそうです。

啓蟄を過ぎて、蠢きだすのは虫たちばかりではありません。
陽気に誘われて、きのうは人も多かった気がします。
でも、ピーク時に比べればまだ数割り程度。充分、快適に過ごせます。

花見の頃と5月の連休、それと7月の終わりの頃、代々木公園の来場者数はピークに達するような気がします。広い公園ですから休憩場所がない、ということにはならないと思いますが、人出が多くなるとマナー違反の数も多くなり、それが嫌ですね。
若者グループだけでなく、ファミリーのなかにも傍若無人な振る舞いをする人がいて、気が滅入ります。
0109.jpg



ただ、なんとなくエリア分けができていて、演劇の練習、太鼓のセッション、静かに読書、こどもとランチなど、周囲の状況を見極めればいいのかもしれませんね。私はピーク時の傍若無人エリアには自然と近づかなくなりました。

それにしても、こどもって、どうして落ちている枝があんなに好きなんでしょう。
延々拾い集めては家をつくったり、ごっこ遊びの道具にしたり・・。
娘の場合、魔法の杖や空飛ぶほうきなどだったものが、同じ枝でも、長男の場合には刀や弓矢に変身します。
きのうも何度も斬りつけられました。

posted by nakajima-kenn at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

hello 神宮前2丁目






0108.jpg

引越しました。
私にとって引越日の夕食は「鮨」なのですが、当日、業者さんが荷下ろしを終えたのが夜の9時半頃。鮨の夕食は翌日となりました。
近所に2軒、鮨屋があることは確認済みだったのですが、実際に行ってみると、1軒はつぶれていて、もう1軒は超高級鮨屋風。店先には看板もなければ品書きなど値段や内容を判断できるものはなにもありません。意を決してのれんをくぐり店内に入るとカウンター席のみ。つけ台にねたが並んでいない時点で無理だとは思いましたが、一応訊ねてみました。
「出前はやってないんです・・」

すっきりした静かな佇まいは好感が持て、別の機会に訪れてみたい気はしましたが、まずは今夜の出前!
自転車でキラー通り方向に向かい、2丁目、3丁目界隈を探してみるものの1軒も見つからず・・
結局、相棒が千駄ヶ谷に住むママ友に店を紹介してもらい、事なきを得ました。

posted by nakajima-kenn at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

good-bye 神宮前1丁目




0107.jpg
引越します。
ネット環境もかわるためdionのアドレスは本日 2月3日までとなります。
代理店の伝達ミスで新しいメールアドレスがまだ決まっていません・・泣

posted by nakajima-kenn at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

ホームページの写真/2010






0106.jpg

ホームページのTOPページに旅先での写真を載せています。
ひと月ごとに写真を入れ替え、1年区切りで国内と海外の写真を交互に載せてきました。
香港の次ぎにキーウエストの写真がくるなど、場所性よりも季節の雰囲気にあった写真を選んできましたが、2010年は12ヶ月、アメリカでいこうと思っています。
上の写真はグランドキャニオンの夕景。
写真を撮った者には、旅の高揚感や偶然への感謝などが重なり、グランドキャニオンでしかあり得ないのですが、なにも知らない人から見れば、場所の特定はできませんよね・・(^_^;)


posted by nakajima-kenn at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

謹賀新年






0098.jpg

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いします。

写真は近くの神社に初詣に行った時のもの。
毎年、一番小さなだるまを娘が選びます。
今年は長男も。

少し値上がりしたようで、一番小さいのが500円。次ぎが700円。
こんなに種類あったかな?と思うほど、大小様々な大きさがありました。そして色も。

金色:金運UP/銀色:厄よけ/紫色:長寿/白色:学業成就/黒色:商売繁盛 など。

もちろんこども達は単純に好きな色と顔を見て選びます。
娘が緑で長男はなんとピンク!
緑色は健康、ピンクは恋愛運UPだそうです。

posted by nakajima-kenn at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

カレンダー






0070.jpg

今年のカレンダーをようやく作りました。

以前、ホームページの『今日の一品』のなかでも書きましたが、卓上カレンダーを毎年自作しています。
本来、年末に買うか作るのが正しい姿なのだとは思いますが、忙しさに追われ、ここ数年は新年を迎えてから作っている状況です。

それほど凝ったモノを作っているわけではありませんが、二十四の節気は入れるようにしています。

二十四の節気は毎年微妙に日にちがずれるので、毎回調べてからプリントすることになるのですが、以外に探すのに苦労します。

私は普段、検索には「Googl」を使いますが、「二十四の節気」の日にちは全く見つけることができませんでした。「24の節気」に変えたり、「2008」や「カレンダー」という文字を入れても結果は同じ。
ところが、「Yahoo!」で検索すると、まさに私が欲しているモノがトップに表示されました。びっくりです。
どちらが優れているという話しではなく、両者の構造の違いなのでしょうか‥‥。

ラベル:カレンダー
posted by nakajima-kenn at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

おべんとうメモ






0052.jpg

むかしはメモなど取らなかった。
とりたてて記憶力がよかった、というわけではない。10代や20代というものは、そうゆうものなのだ。
しかし、私ももう42。
「あの名まえなんだっけ?ほら、あの・・」
そんなことが日常茶飯事になりつつある。

忘れてはならないことはもちろんのこと、気になることやちょっとしたこともすぐメモするようになったが、今度はそのメモをどこにやったか?なんて探す情けないこともある。

一方、相棒は違う意味でメモを取っているようである。
彼女の場合、正確・丁寧に物事をこなすのは得意だが、瞬発力に欠ける。時間の限られてるなかで素早く作業するには、一度整理する必要があるらしい。 たとえそれが代わり映えしない、おべんとうメニュウであったとしても・・。

ラベル:おべんとう
posted by nakajima-kenn at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

いい夢をみる方法




0053.jpg
深夜、隣に寝ている娘に起こされた。
「おとうさん、おしっこ」
普段、途中で起きることのない娘にしては珍しい。

ウォータークロゼットに行き用を済ませて戻る時、不安そうに告白する娘。
「あのね、こわいゆめみちゃったの」
「大丈夫だよ。おとうさんと手を繋いで寝るといい夢見れるよ」

翌朝、夜半まで降っていた雨は上がり、さわやかな青空だった。
ベランダでしばらく眺めていると娘が起きてきた。
二人でシャワーを浴び、食事の用意を始め、相棒を起こした。
「おかあさん、おとうさんの手すごいんだよ! おとうさんと手をつないでねたらね、ほんとうにいいゆめみれたの」
相棒はあまり事態を呑み込めていない。私はというと、そんなことすっかり忘れていた。
ラベル:
posted by nakajima-kenn at 19:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。